好きなものを好きな分だけ。

好きなだけdrる。壁打ちブログ。

超乾燥肌だと思って過ごしていたら化粧水が合っていなかった話

現場がないので最近感動した事を書いてみる。
肌の乾燥がとても酷い人に読んでもらいたい。

 

私の肌は汚い。

お化粧をしていない状態が一番綺麗で、手入れすればするほど、肌は乾燥して汚い。私の肌の乾燥はカピカピとか突っ張るって程度ではなく、粉が吹き、肌皮がポロポロとめくれる。ニキビはたまに出来るが、暴飲暴食をしたあとでもなければまず出来なくて、出来た時のニキビ跡は半年は消えない。肌機能が弱いのだろうな…と分かっていても特に深くも考えず、皮膚科を受診することもなく生きてきた。
また、化粧水や乳液などのメーカーを変えた時はだいたい肌皮がめくれ、これが噂の、肌のターンオーバー?と一瞬、嬉しく思うものの、いやこれ違うわ。乾燥してるわ…保湿が高くないんだ…はいはい、終了~解散~と自分の肌の保水の低さにガッカリする。化粧水の中には塗った瞬間、ヒリヒリしたり、真っ赤になるものもあるので、肌が痛くなければ、肌皮がめくれたり乾燥したりしても、私の肌には合うもの(ただし、保湿が低いもの)なのだと思って生きてきた。

幸い職場は綺麗に着飾ってオフィスワークと言った環境では無かったこともあり、ノーメイクやポイントメイクで過ごせるので、乾燥の悩みは専らがっつりメイクをする現場だけで事なきを得ていた。

とはいえ、加齢には勝てない。

そこそこのいい歳したおばさんが紫外線の多くなるこれからの季節に、日常的にファンデーションすらも塗らず過ごすのは公害である。歩く公害とあだ名を付けられるのは、流石に不本意で、乾燥の原因が化粧水選びにあるとはまだ知らない私は、手軽に下地とファンデーションを見直すことにした。

 現場に行く時の私は、1にも2にもカバー力。
そのため、いつもはCHANELのリキッドファンデーションを利用している。こいつがなかなか万能で、カバー力も高く粉も吹きにくいのだが、いかんせん日常使いにはめんどくさい。その為、私は手軽さ重視し、クッションファンデとクリームファンデを新調した。(二個いっぺんに新調している時点でお分かりかと思うが、既にどちらか乾燥する想定をしている。それほどに私の肌は乾燥する)
下地も合わせて新調。ツイッターで知った化粧崩れ防止の鉄板プチプラ・プリマビスタを買いにドラッグストアに走ったのだが、プリマビスタに乾燥対策の下地もあった事を知り、化粧崩れ防止よりも乾燥防止の物を選んだ。そして、たぶんここまでしても私の肌は乾燥して肌皮がめくれる想像は容易についたので、一緒にアットコスメ当時一位の導入美容液も購入した。あとから詳細を説明するが、この美容液にはセラミドは入っていないものでした。(今のアットコスメ一位のONE BY KOSEにはセラミド入ってますね♡)

導入美容液にはおまけの化粧水と乳液が付いていた。正直、今使っているラインのものより高価な商品なので、張り切って使う。肌も痛くならないし、手入れ後はもちもちしていた。これで、毎日の手入れを頑張ったらキスマイ名古屋公演には肌が生き返ってー3歳肌なんじゃ?いえーい★おかえり肌の20代!!調子良かったら、この美容液のメーカーでライン揃えよ~(*^_^*)なんて浮かれたりしていた。今月頭のことである。

翌日、翌々日とクリームファンデ、クッションファンデを試す。肌はぼろぼろ。だめか~と思ってCHANELを使う。だけども、CHANELでもぼろぼろ。
流石になんでなん?と思った私は、すぐさま導入美容液メーカーを使用するのを辞めて成分を調べる。自然派の化粧品なのに何があかんかったの…わしか…わしの所為か…(遠い目)などと思いながら、さすがに皮膚科を受診しようとネットで「肌皮」「めくれる」「皮膚科」と調べたのが好転のきっかけだった。

私は皮膚科を受診で塗り薬をもらってきたらいいのか、内科を受診で内服薬をもらってきたらいいのか調べたかっただけなんだけれど、実際に表示されたのは乾燥肌の方用のスキンケア用品だった。だいたいがネットで注文する聞いたこともない、通販型化粧品であったが、ひとつだけドラッグストアでも購入できる薬品メーカーの商品が出てきた。良く読むと病院で処方されたと口コミを書いているものもあった。それが常盤薬品工業のNOVだった。正直、常盤薬品って南天のど飴じゃん?って思った。

薬品メーカーの商品がドラッグストアで気軽に買える。これは乾燥肌であり、極度のめんどくさがりの私にはかなりのヒットだった。実際、薬品メーカーが出しているスキンケア商品は別の商品の方が口コミはよかったのだが、ネット通販でしか手に入らない。肌乾燥の酷い人はお分かりだと思うが、今日欲しいのだ。急いで配達された所で明日では困る。その為、これはいいぞと調べるきっかけになった。

そもそもなぜ薬品メーカーの化粧水がなんでいいの?実際、医薬部外品なのになんで他の化粧品メーカーより評価が高いの?と安直な疑問の元調べると「セラミド」と言う肌のバリア機能を高める成分がどうやらいいらしい。市販の化粧品メーカーの商品は保湿・保水に着眼してあり、雑に説明するとバリア機能などの肌の機能は万全な人向けに作られているようだ。つまり私の場合、穴のあいたコップに水をいれているだけなので全く保湿・保水はされず、結果、無意味と言う訳らしい。なるほどすぎる。
理由が分かったところで、手軽に買えて、もっと安価な商品はないかな~?と調べる。あった。(早い)キュレルである。これにもセラミドが含有しているらしい。ただ、調べるとキュレルのセラミドは疑似セラミドと呼ばれるもので、どうやらNOVに入っているセラミド(ヒト型セラミド)とは異なるらしく、効果が弱いかも?みたいな意見を見た。疑似セラミドジェネリックみたいなものなのだろうか?なんぞやと思いつつ試せていないので、今後試せたら記録したい。

さて、ここまで調べて、ふと根本に戻る。セラミドはどのように摂取するのが一番効率よく浸透するのか。何としてでも、二週間後に肌をマシにしたいので、最短日納期必死である。
コラーゲンは経口摂取の方が良いと言う話はよく聞く。それと同じでセラミドも塗るより食べる方が良いのではと思い、急ぎ調べた所、サプリでも発売しているらしい。これ飲んだ方がいいんじゃない?つよくない?そう思いつつ、さらに調べる。どうやら違うらしい。(間違わずに済んでよかった)セラミドはこんにゃくやワカメなどからも摂取できるのだが、そもそもセラミドが作用するのが肌の奥深くの角質層。経口摂取でも肌の性質の向上は期待できるものの、直接的な効果を期待できるのは、やはり直接塗って肌の奥に届けた方が効果は早いと言う事らしい。

ココまで調べてやっとふんぎりがつき、NOVⅢのトライアルセットを購入した。
6月7日のことである。

効果は目に見えて実感した。はじめ三日で肌皮がめくれるのは改善した。そして合わなかったのだと思っていた、クリームファンデもクッションファンデも使える。CHANELは本当にきれいな陶器肌になった。いつもの調子で塗ると厚塗りになり、もしかしてもっと薄く塗ってよかったの??って気づいた。週末のお化粧が楽しくて、特にどこに出かけるでもないのにフルメイクし、家族にどこいくん?と聞かれたりもした。

一週間ほどたつと、あれだけ消えなかったニキビ跡が薄くなってきたのに気が付く。まじか。ここまでくると肌がつるつるするので、今まで気にならなかった(まぎれてただけ)産毛が気になった。でも、肌が乾燥していないので、フェイスシェーバーでも剃刀で剃っても剃刀負けしない。本当におどろいた。産毛を剃った効果か顔も明るくなり、気持ち毛穴が目立たなくもなった。なにこれ、魔法?

かくして、キスマイの名古屋公演前に肌が完全回復している。

今はトライアルキットを使い切り、手持ちの化粧水にシフトしているが口の端に肌皮めくれの兆しを感じたため、またトライアルキットを買ってこようと思っている。肌のバリア機能と言うものは、一旦直ったらOK!と言うものじゃないのだろうか?リフテク(FF)みたいな感じ?効果切れたら攻撃受けるみたいな??定期的にリフテクかけ続けないとボス(誰)にやられるみたいな??
とりあえず、商品をラインで揃えようとも思うのだが、いかんせん高い。セラミドだけを重視するのであれば、美容液・乳液・クリームだけNOVにし、セラミドが含有していないクレンジング、洗顔、化粧水は他社の安いものでも?と思ったり、先に書いたジェネリック(誤)セラミドのキュレルでもいいのでは?と迷っている。

 

ここまで書いて、すごく宣伝記事みたいで嫌なのだが、肌の乾燥、肌荒れが気になっている方は一度「セラミド」含有の化粧品を使ってみて欲しい。ほんとびっくりする。
ツイッターで皮脂で化粧崩れする人にはコレ!って回ってきたポストを皮脂ってなんや…って白い目で見ている様な人は、本当にすぐに試してほしい。たぶん、それ乾燥肌通り越して、肌のバリア機能死んでる。まじオーバーキル。
ちなみにトライアルキットは1500円くらいで各社展開していたので、時間がどうにもない時の病院への受診代わりと思って試してみらいいと思う。肌が綺麗になるだけじゃなくて、化粧崩れもない。発色も綺麗。なんやこれ現象が一週間で起きるので、ホントおすすめ!お化粧が楽しい!